浜松市で平均スコアを100以下、100切りを達成し、ゴルファーである というシアワセのために
匠塾では少人数・個人レッスンに特化し、成果にこだわる!さらに出浜松市で唯一、ゴルフの出張レッスンという生徒のニーズに合わせたスタイルで活動しております。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

050-3699-6635
営業時間
10:00〜21:00(日曜日休み)

第16回 失敗しないゴルフコーチの選び方

2019年10月28日

100切りゴルフコラムも久々となってしまいました。申し訳ない。。。

 

 

私事なんですが、実は最近新築を建てました。

諸事情もあり、最後の2ヶ月はかなりのタイトスケジュールで進みましたのでなかなか大変でしたw

 

建築会社の営業さん、現場監督さん・銀行の担当者さん・司法書士さん・土地家屋調査士さん・外構業者さん・インターネット業者さんなど、

はじめての方と初めての作業、予期せぬハプニングもたくさんあり、

それが全て同時進行でひっきりなしに襲いかかってくるので正直全然楽しくなかった、、、。

 

でも無事引き渡しも終わり現在は家族で幸せに暮らしております。

 

 

 

と、なぜまたこんな話をしたのかというのも、

 

 

家を建てようと思ったら

 

「建築会社をどこにしたら良いのか」ってやっぱ迷いますよね。

 

 

在来工法?2✕4?SE?断熱材は?Ua値は?気密性のC値は?

返済負担率は年収の何%?

断熱材は吹付け?セルロース?

吹き抜けはいるのか、いらないのか?

 

 

と明確になってくると、どこに頼めば良いかわかってきますし決まった後も安心して任せられます。

 

 

私の家作りは少し独特だったかもしれませんが、興味ある方はまたお話しますので聞いてください。

 

話が結構それましたが、

 

「ゴルフレッスンをどこで受ければ良いか」「どの先生に教えてもらえば間違いないか」

 

って、「建築会社どこにしたら良いか」と種類は一緒、似ていますよね。

 

 

高いお金を払って家を建てるのに、建てた後後悔するような事にはなりたくないし、

「失敗したくない!」って思っちゃいます。

 

 

当レッスンの匠塾に関して言えば、普通のレッスンより1回の金額は高いですし、

個人レッスンだし合う合わないと思う人も もちろんいると思います。

 

 

このコラムではウチをオススメするわけではなく、

これからなにか迷った時の判断材料としても役に立つかもしれませんので是非読んでみてください。

 

 

 

 

①高い球 低い球 フック スライスを打ち分けられる

 

1番はじめに挙げただけあってこれは結構重要ですね。

 

ゴルフはクラブで球を前に飛ばし、距離も計算してコントロールしていかなければいけません。

ボールを打って前に飛ばすというこの本質が理解できていない・複雑にスイングを作り上げたり考えると、

偏ったボールになりがちなので

 

「フックしか打てない。」「スライスしか打てない。」

 

という場合が多いです。

 

 

アマチュアの方で打てる人はあまりいませんが、ただ一番の原因は出来ないと決めつけ「真剣にやってみたことない」方がほとんどです。

皆さんが思っている以上に球の打ち分けはめちゃくちゃ簡単です。

 

人に教える立場で打ち分ける事ができなければ、

本質が抜けている表面的なアドバイスが多いかもしれませんし、偏った方向から見たゴルフスイングを教えられてしまうかもしれません。

 

チャーハンとパスタしか作れない私に、料理を習いたいですか?

 

是非、「左右高低を打ちわけるのを見せてください」とお願いしてみましょう!

②実際に打って見せてくれる

 

これは上記の話の延長になりますが、

実際に打ってデモンストレーションや、客観視する重要性、説得力の為、

他にも色々ありますが実際に打って見せるというのは重要だと思っています。

 

裏を返せば、

伝えていることが自分はできていない。

客観視してこなかったからスイングが綺麗じゃない。

左右高低を打ち分けられない人。

 

は、なかなか自分で打つことをしません。

しかし、ゴルフが上手いのと教えるのが上手いは確かに別ですが、そこは次の話が関係してきます。

 

 

 

 

③考えながら言葉を選んで喋っている

 

ゴルフが上手いと教えるのが上手いは確かに別の話にはなりますが、

そもそもゴルフの「考え方」「スイング」「ミート率」「マネージメント」「アプローチ」「対応力」「冷静さ」「メンタルコントロール」「ドライバー」「曲げる技術」

まだまだ言い出したらキリがないですが、かなりの総合力がいります。

 

なので教える側としては上手くて当たり前なので、年間平均で70台で回るのは最低ラインかと思います。

となると、そもそも「上手いけど、教えるのも上手いのか!?下手なのか!?」になるはずです。

 

 

私は、レッスンは相手に伝えられなければいけないと思っているので

 

「相手が腑に落ちているのか!?」

「大事な要点は理解できているか!?」

「現状の問題、そのためにまずは何をクリアしてどこに向かっていかなければいけないのかを理解しているのか!?」

 

などなど。

そのためには、

 

「比較したほうが良いか」

「例えた方が良いか」

「感覚が良いか」

「理論的にが良いか」

「ドリルで体にわからせた方が良いか」

 

 

を反応見ながら喋らないといけません。

 

なので皆さんには、考えながら言葉を選んで伝えようとしている雰囲気を読み取ってもらいたいです。

 

ただ先生が自分なりに一方的に言うのは「教える」で終わっています。

 

言葉で指し示しているだけでちゃんと「伝える」というゴールまで考えて、

喋ったり実際に打ってみせたりが必要なんじゃないかなと私は思っています。

 

 

 

④理由を3回聞いても答えられる

 

どの練習場にも必ず「教え魔」って人がいますよね、なぜか。

嫌われる傾向がありますが、これがまさに

 

「教える(口で言って指摘しているだけ)」

 

いきなり言われたって意味がわからないし。

何のためにやるかもわからないし。

そもそも聞いてもないし。

 

こういった方は特に、

 

「なんの為にやるんですか?」

「なぜソレをやるんですか?」

「それをやったらどうなるんですか?」

 

 

など、3回は深掘りして聞いていくと、

 

 

自分がやって良かった・良くなった事

をただ一方的に言ってきている場合が多いので答えられないことが多いです。

 

 

ダウンスイングで右肩を下げて

 

なぜ?

 

野球のアンダースローみたいになるから

 

なぜ?

 

それが理想だし、そうした方が良いから。。。みたいな。

 

 

結局これでは、野球のアンダースローの練習みたいになってますよね。

 

 

お金を頂いてやっているコーチだとしても

同じことが言える方はたくさんいますので、選ぶ時のひとつの参考にしてください。

 

 

 

それではまた次回お会いしましょう!

 

コーチ選びに失敗しないよう願っています。

 

まずは体験レッスン、受けてみませんか?

ゴルフレッスン受けてみたいけど定期的なレッスンは相性が合うか不安という方に!

匠塾でもコーチ選びに失敗してほしくないので体験レッスンをおすすめしております。

体験レッスンも、個人レッスン、グループレッスンとお選び頂けますのでぜひお気軽にご連絡ください。

スマホの方はタップで電話がかかります